HOMEハウスメーカーリサーチ広住苑(こうじゅえん)住まい本サーチメールフォーム作成サービス

坪単価について

HOME > ハウスメーカー比較表 > 坪単価について


坪単価とは

住宅建設において「坪単価」とは、1坪(3.3平米)当りの建築費のことを言います。  建築費を延べ面積(坪)で割った値で示され、工事費や建物のグレードを知る一つの目安としてよく使われる指標です。

坪単価の価格帯を見れば、ハウスメーカー別・商品別のグレードを大まかに知ることができます。さらに、詳細な坪単価が分かるならば、延べ面積を掛けることで、工事費を算出することも可能でしょう。

しかし、坪単価は「施工地域」「規模」「階数」「間取」「屋根形状」など、様々な要因で大きく変わる指標でもあります。住宅建設の検討材料とする際には、下記以降の注意点を踏まえた上で利用することをお薦めします。


坪単価算出に使われる数値

坪単価を算出する際、建築費としては、一般に「建物本体の価格」が使われます。「建物本体の価格」自体、明確な定義はありませんが、少なくとも「別途工事費(屋外設備工事費・外構工事費・・解体工事費etc.)」と「諸経費(各種税金・保険・登記費用、引越費etc.)」は、建物本体の価格とは別と考えておくのが良いでしょう。

坪単価の対象となる費用

よって、単純にハウスメーカーが公開している坪単価延べ面積を掛けただけでは、住宅建設にかかるお金を網羅していることにはなりません。実際の総費用は、「建物の本体価格」に1.2〜1.3を掛けた額(土地代は別)が目安となります。


坪単価の表記について

ハウスメーカーで新商品が発表される際、「○○万円〜」という表記がよく見られますが、表記の通り、最低ラインの坪単価であるため、実際には数十万円高くなることもあります。特に、自由設計に近い商品になるほど坪単価の設定は難しく、メーカー側としても詳細に決定することはできない、というのが実状です。

坪単価の表記に対する各ハウスメーカーの対応は様々です。前述したように、自由設計で不確定要素の多い場合や高いイメージをもたれたくない場合は、明確に公開されることはありません。逆に、ローコスト系のメーカーのように、坪単価を宣伝として積極的に利用する場合もあります。


坪単価に影響する事柄

住宅の坪単価は、様々な事柄に影響を受けて変動します。以下に、いくつか一般的とされている例を挙げてみます。

@延べ面積が小さいほど高くなる
一般的に延べ面積(延床面積)は、小さいほど高くなります。これは、延べ面積の大小に関わらず、キッチン・トイレ・浴槽のような住宅設備機器のコストは変わらない、ということが理由として挙げられます。また、延べ面積の大きな住宅の方が、建材を多く購入することになるため仕入れ値を安くできることも影響しています。
前述したように、坪単価に延べ面積を掛けると「建物本体の価格」を想定できます。しかし、延べ面積により坪単価が影響されるため、坪単価の表記の際、「延床○○坪の場合」と注釈が入る場合もよく見受けられます。

A複雑な形状ほど高くなる
 建物の形状が複雑なほど、建材の面積が増え、施工の手間もかかるため、坪単価は高くなります。例えば、凹凸の多い平面になると、外壁の面積が増えると共に(コストへの影響が大きい)屋根の形も複雑になり、結果として坪単価が高くなります。

B階数別では2階建てが最も安くなる。
 階数別に比較すると、延べ面積が小さく、コストのかかる基礎や屋根の割合が大きい「平屋」は、坪単価が高くなる傾向があります。また、「3階建て」については、基礎や屋根の割合は小さいものの、構造上の補強や計算が必要となるため、「2階建て」よりは坪単価が高くなります。結果、「2階建て」が最も安くなる傾向にあります。



各ハウスメーカーの坪単価・商品構成・特徴を見る▽
積水ハウスダイワハウス住友林業セキスイハイムミサワホームヘーベルハウスパナホーム三井ホーム東日本ハウス一条工務店三菱ホーム
スウェーデンハウストヨタホームタマホームエス・バイ・エル東急ホーム三洋ホームズ大成建設 | 新昭和 | アキュラホーム | アイフルホーム木下工務店 | 住友不動産

※坪単価・商品構成・標準仕様などについては、ハウスメーカーにより最新情報が含まれていない場合ございます。あらかじめご了承ください。