HOMEハウスメーカーリサーチ広住苑(こうじゅえん)住まい本サーチメールフォーム作成サービス

スウェーデンハウスの坪単価の価格帯・評判・商品構成

ハウスメーカー比較表1ハウスメーカー比較表2ハウスメーカー比較表3ハウスメーカー比較表4

HOME > ハウスメーカー比較表 > スウェーデンハウスの坪単価の価格帯・評判・商品構成

坪単価の価格帯(目安)・商品ラインナップ 坪単価について坪単価について


北欧スタイルの輸入住宅

スウェーデンハウスは、北海道のニュータウン(スウェーデンヒルズ、1984年)の開発に端を発する輸入住宅メーカーです。木質パネル工法の採用と、気密性・断熱性の高さが特徴で、販売する全棟に対して「全棟高性能保証表示システム」と呼ばれる、断熱性能や気密性能の測定を実施しています。もともと同社の商品は、自由設計を基本とし、屋根形状(大屋根、切妻、寄棟の3種類)と下屋の有無、の組み合わせで構成され、北欧風を前面に打ち出していました。同時に「mjuk(ミューク)」と呼ばれるライフスタイル(くつろぎ空間、家庭菜園、ライブラリなど)を提案し、家づくりや設計に反映させる試みも行っています。1200mmモジュールを採用しているため、メーターモジュールよりもゆとりがある一方、300mmきざみ(おおむね600mmきざみ)でしか設計変更ができないというデメリットを抱えており、完全な自由設計とは言い難い点は、おさえておかなければなりません。
近年は 企画型住宅も手がけるようになり、50プランからライフスタイルに合ったプランを選択するエコ住宅「ECOJOY(エコジョイ)」や、太陽光発電システムを標準装備した「BLINKA(ブリンカ)」、北欧デザインのシンプルモダン住宅「ヒュースプラータ」、外観や内装のカラーバリエーションを楽しむ準企画型住宅ヒュースロア」、和風邸宅のイメージを取り入れた「ヒュースプレミエ」、都市型3階建をテーマにした「ヒュースパッサ」、若年者をターゲットにした可変型住宅の「SAKITATE(サキタテ)」、そして団塊世代をねらった平屋建ての「悠の住処(ゆうのすみか)」といった、日本の情景にあうデザインを取り入れた商品も提案しています。近年は、標準仕様でオール電化対応の「HUS ECO(ヒュースエコ)」といったエコ仕様にも取り組んでいます。商品による基本性能の厳密な区別は特にありません(同社はこうした仕様を「ワングレード」と呼んでいます)が、輸入コストの宿命でしょうか?基本的に坪単価は高めです。通常は65万円以上はかかるでしょう。
設立当初はスウェーデン産の部材を用いていましたが、現在はスカンジナビア半島一帯から壁や窓の部材を調達したり、その他の部材を国産でまかなったりしています。


木製サッシ3層ガラス窓を標準採用

もともと寒冷地域の住宅仕様であったことから、断熱性を重視する「木製サッシ3層ガラス窓」を標準装備しています。アルミよりも断熱性が高い木のサッシを用いることで、更なる性能向上を目指す一方、当初、都市部の準防火地域では使用できないという問題を抱え、防火シャッターの設置で対処するという方策を講じてきました。しかし現在では、準防火地域でも使用可能なサッシが開発されています。「木製サッシ3層ガラス窓」を装備するメリットとして、外部からの遮音性能の高さを説明する営業トークが見受けられますが、これは、室内の反響音が大きくなることも意味しています。10年ごとのメンテナンスも必要です。
全棟高性能保証表示システム」では、C値(相当隙間面積)Q値(熱損失係数)といった、断熱性能や気密性能に関わる数字を強調するきらいはあるものの、これら以外の住宅性能の指標表示に取り組む姿勢は、評価できます。換気システムについては、熱交換型を標準装備しています。


1200mmの設計モジュール

設計モジュールは、1,200mmという特殊なモジュールを採用しています。自由設計を唱えてはいるものの、設計の最小ピッチは300mmであり、あまり柔軟な設計対応はできていません。しかしヨーロッパ仕様の大きなモジュールゆえに、廊下や階段の幅を広く取れるなど、ゆとりある空間づくりは可能です。デザイン上の制約はありますが、北欧風のデザインやライフスタイルへのこだわりをもつ方には適したメーカーといえます。
アフターメンテナンスについては、10年保証、その他に「50年間無料点検システム(ヒュース・ドクトル50)」を導入しています。定期点検は無料ですが、補修は有料となります。
リフォームについては、スウェーデンハウスサービス株式会社が担当しており、増改築はもちろん、省エネ・創エネ・蓄エネや太陽光発電といったエコ関連のメニューも用意されています。


メーカーのサイトへ → スウェーデンハウス

展示場情報へ → お近くの展示場・支社支店のご案内 【スウェーデンハウス】

スウェーデンハウスの特徴

概要

・北欧スタイルの輸入住宅
・木製サッシ3層ガラス窓を標準採用
・1200mmの設計モジュール


商品構成

・「ヒュースロア」「ヒュースプレミエ」
・都市型3階建:「ヒュース パッサ」、
・平屋建て:「悠の住処」


商品の特徴

・木製サッシ3層ガラス窓
・北欧の高樹齢木による構造躯体
・ヨーロッパ仕様のモジュール

ヒュースプレミエ

ヒュースプレミエ

広住苑(こうじゅえん) 住まいに関する注目用語集

住まいに関する注目用語を随時更新!

他のハウスメーカーの坪単価・商品構成・特徴を見る▽
積水ハウスダイワハウス住友林業セキスイハイムミサワホームヘーベルハウスパナホーム三井ホーム東日本ハウス一条工務店三菱ホーム
スウェーデンハウストヨタホームタマホームエス・バイ・エル東急ホーム三洋ホームズ大成建設 | 新昭和 | アキュラホーム | アイフルホーム | 木下工務店 | 住友不動産

※坪単価・商品構成・標準仕様などについては、ハウスメーカーにより最新情報が含まれていない場合ございます。あらかじめご了承ください。