HOMEハウスメーカーリサーチ広住苑(こうじゅえん)住まい本サーチメールフォーム作成サービス

住友林業の坪単価の価格帯・評判・商品構成

ハウスメーカー比較表1ハウスメーカー比較表2ハウスメーカー比較表3ハウスメーカー比較表4

HOME > ハウスメーカー比較表 > 住友林業の坪単価の価格帯・評判・商品構成

坪単価の価格帯(目安)・商品ラインナップ 坪単価について坪単価について


木造在来工法の最大手

住友林業は、木造軸組工法による住宅事業を中心としたハウスメーカーです。2008年10月に子会社の住友林業ツーバイフォーと事業統合し、戸建住宅の分野において、外断熱工法を採用した2×4住宅も取り扱っています。この他、地域建設会社へ資材や技術の提供をおこなう「イノスグループ」を組織化するなど、木造住宅において幅広く事業を展開しています。
在来工法はもとより、近年の潮流であるスマートハウスへの取り組みも行っており、「Smart Solabo(スマートソラボ)」や「Smart 木達(スマートこだち)」、東芝とホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)を共同開発した「Smart NAVI(スマートナビ)」が発売されています。「Smart Solabo(スマートソラボ)」では、スマートハウス仕様のひとつとしてV2H(ビークル・トゥ・ホーム)システムが導入されています。
在来工法(同社では、マルチバランス構法と呼ぶ)のMyForest(マイフォレスト)シリーズは、基本的に自由設計の注文住宅です。長年培ったノウハウから、あらかじめ300以上のベースプランを用意し、その中から間取りを選択してもらう企画型住宅Smart 木達(スマートこだち)」と呼ばれる商品もあります。他にも、国産材の使用比率100%(主要構造材のみ。他商品は50%程度)を実現しつつ環境配慮を謳う「大樹」や、比較的使用比率の高い(70%程度)「MyForest-[GS]」、出力3.2kWの太陽光発電システムを標準装備(従来型の結晶系の他、2010年より、薄膜系の太陽電池も搭載可)した「Smart Solabo(スマートソラボ)」、平屋住宅の「GRAND LIFE(グランドライフ)」、3階建住宅の「Proudio(プラウディオ)」等があります。二世帯住宅は「ikiki(イキキ)」、イノスグループから「YORiSOI(よりそい)」が商品化されています。
子会社の住友林業ホームテックは、リフォーム事業「Reforest(リフォレスト)」を手がけており、戸建てリフォーム、マンションリフォーム、旧家リフォーム、木造戸建住宅向けの定価制リフォーム、マンション向けの定価制リフォームの5商品を扱っています。 定額の内訳は坪単価(22万500円〜)によって示され、耐震補強や防蟻の費用も含まれる予定です。
ツーバイフォー構法では、外張り断熱の「NOSTALGIA(ノスタルジア)」や「EARLY bird-FP(アーリーバードエフピー)」、木造耐火4階建の「EARLY bird-For(アーリーバード・フォー)」などの商品が用意されています。住まい方を提案する生活提案型の商品であれば、同社の3構法(ツーバイフォー構法、マルチバランス構法、ビッグフレーム構法)の何れかを選択できます。「mamato(ママト)」という子育て世代向けの商品は、特定の構法に基づいた商品ではありません。
2009年4月からは、等身大の単独モデルハウス(分譲モデルハウス)として、「街角一番」が展開されています。
東日本大震災の復興支援住宅として「木達(こだち)」を発売しています。間取りを100プランから選択する2階建限定の企画型住宅となります。坪単価は60万程度になる見込みです。


良質な材木へのこだわりと涼温房

木造住宅への強いこだわりを持ったメーカーらしく、山林経営から建材の仕入・加工、住宅建設まで一貫している点が強みといえます。また、シンボルキャラクター「きこりん」を擁し、材木の特徴や品質について、樹木別のパンフレットを用意したりするなど、積極的な広告活動を行っています。しかしながら、実際には輸入材も少なからず使用しており、国産材の使用比率が商品のグレードを決定づけている一面もあります。また予算によって使用木材の種類も変わってくるため、どの木材を使うのか?仕上げはどのようになるのか?イメージに合っているか?といったことも事前に確認しておくと良いでしょう。同社の場合、自社よりも外部工務店による施工比率が高いため、設計サイドと施工サイドの疎通がうまく機能しない場合があります。きちんとチェックしておきたいところです。
冷暖房機に頼らず、採光、通風、植栽を取り入れ、夏は涼しく冬は温かい「涼温房(りょうおんぼう)」と呼ばれる設計手法を謳っていますが、同社の基本は自由設計であるため、プランによる効果の差異は、否めないようです。涼温房と同様の設計手法としては、ミサワホームの「微気候デザイン」が挙げられます。


独自の耐震技術と防火性能

住友林業では、格子状の張り合わせた耐力面材「きづれパネル」を開発し、柱・梁・面を一体化した高剛性の構造を採用しています。また、ゴムと木材をつなぎ合わせて板状にした「地震エネルギー吸収パネル」は「MyForest-[GS]」に標準装備されてます。 ラーメン構造のビッグフレーム構法は2005年以来7年ぶりにリニューアルされ、可変型住宅の「BF-Si」や「Proudio(プラウディオ)」に採用されています。「BF間取りデザイナー」と呼ばれるWeb上で間取りをデザインできるサービスも行われています。
木造の弱点である防火性能の強化にも積極的に取り組み、「My Forest -耐火」や「アーリーバードエフピー」では、都市部の防火地域でも建設可能な耐火構造を実現した商品です。木造の耐火構造を扱っているハウスメーカーは数少なく、住友林業の他には、三井ホーム、三菱ホームが挙げられます。


メーカーのサイトへ → 住友林業

展示場情報へ → 全国モデルハウス・ショールーム情報 【住友林業】

住友林業の特徴

概要

・木造在来工法の最大手
・良質な材木へのこだわりと涼温房
・独自の耐震技術と防火性能


商品構成

・木造在来工法の場合、My Forestシリーズ、BF-Si、木達(こだち)、mamto(ママト)
・木造2×4工法の場合、 「ノスタルジア」「EARLY bird-FP(アーリーバードエフピー)」etc.


商品の特徴

・高い耐震耐久性を実現する独自の木造軸組構造
・材木の特徴を生かした商品開発
・2×4では外断熱工法を採用

マイフォレスト

マイフォレスト

広住苑(こうじゅえん) 住まいに関する注目用語集

住まいに関する注目用語を随時更新!

他のハウスメーカーの坪単価・商品構成・特徴を見る▽
積水ハウスダイワハウス住友林業セキスイハイムミサワホームヘーベルハウスパナホーム三井ホーム東日本ハウス一条工務店三菱ホーム
スウェーデンハウストヨタホームタマホームエス・バイ・エル東急ホーム三洋ホームズ大成建設 | 新昭和 | アキュラホーム | アイフルホーム | 木下工務店 | 住友不動産

※坪単価・商品構成・標準仕様などについては、ハウスメーカーにより最新情報が含まれていない場合ございます。あらかじめご了承ください。